選べる働き方と学習方法|人気の資格を取得する|セラピストになって人を癒やそう

人気の資格を取得する|セラピストになって人を癒やそう

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

選べる働き方と学習方法

保育所

メリットが多い働き方

保育士は親に代わって乳幼児の保育を担うとてもやりがいのある仕事ですが、求人の多さや働きやすさもメリットのひとつです。都心部で特に問題となっている待機児童問題は、保育園不足に加えて保育士不足も大きな要因と言われています。保育士資格を取得している20代から30代の多くは、出産や育児を機に保育士を辞めてしまう人が多く、慢性的な保育士不足が心配されている反面、求人数が多く仕事を見付けやすい仕事です。家庭環境が落ち着いた40代以降に再び保育士として働きたいと思う人も多く、実際に再就職している人がたくさんいます。パートや派遣での短時間勤務や土日のみの勤務など雇用形態も様々なので、家事と仕事を両立したい人でも保育士として働くことが可能です。

40代から目指せる資格

保育関連の学校を卒業していなくても、国家試験の受験資格があれば誰でも受験することができるので、保育士は年齢を問わず人気の高い資格です。保育士試験は、筆記試験と実技試験があるので独学で合格する場合は、通信講座や養成学校が作成した市販のテキストでしっかり学習する必要があります。独学での学習が難しい場合は、通学制の養成学校に通い短期集中して学ぶことで、時間を無駄にせず合格に繋げることができます。社会経験を積んでから保育士になることのメリットは、保護者や同僚との人間関係を円滑に築け、子供に対しても広い心で接することができることです。養成学校や通信講座など自分に合う学習方法を見付けることで、何歳からでも目指せる魅力的な資格です。