子どもが好きなら|人気の資格を取得する|セラピストになって人を癒やそう

人気の資格を取得する|セラピストになって人を癒やそう

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもが好きなら

保育士

どのようなことを学ぶのか

子どもが大好きで、子どもと関わる仕事がしたいと思ったら、大学は保育士になる為の専門の科がある所に通います。子どもの成長や病気、食事や遊びなど専門的なことを学ぶことができます。成長については生まれた時からの平均的な身長や体重、月齢に合わせて出来ることなどがあります。病気は感染症がどうしても広まってしまうこともあるのでその病気の特徴や登園できるのかできないのか、どうやって感染するのかなど詳しく学びます。食事などもミルクに始まり離乳食の初期、中期、後期、完了、幼児食などの種類があり、どの時期に何を食べさせるのかやアレルギーなどについて学びます。遊びも子どもの成長に合わせてします。遊びは子どもにとって最大の勉強となるので遊びを通じて発達をうながします。

その他の勉強

大学では保育士になる為に子どもについての勉強も大切になりますが、大学によってピアノや体育、美術、その他必須科目があります。保育士になる為には実技も必要になります。大学によると思いますが、保育園、幼稚園、特別養護施設などで実習をして保育士の勉強をします。教科書で学ぶより実践で学ぶ方がすごく勉強になります。基礎知識として教科書の勉強は大切ですが、それを応用して子ども一人一人に合わせた保育ができるようになる為に実習があります。保育士になると、年間カリキュラムや月案、週案、日案から毎日の様子を書いたノートやクラスだよりなどを書かなくては行けなくなりますので、文章の書き方を学ぶため、実習では日誌を書きます。